コンタクトレンズのBC、PWRって何?

脱メガネでおしゃれをしよう!
今日のお話はコンタクトレンズ通販でよく見るBC、PWRについてです。

コンタクトレンズ通販で買うときにBCって数字で迷ったことはありませんか?
コンタクトレンズには、PWRという度数を表す数字と、もう一つBC(ベースカーブ)
という湾曲度合を表す数字の二つがあるのをご存知ですか?

度数の方は、視力の差で数字が違うという事は皆さんご存知だと思います。もう一つの
湾曲度合を表すベースカーブですが、どういったものなんでしょうか?
目は球体ですので、それぞれの目の大きさによってコンタクトレンズの湾曲のサイズも
変わってくるのです。ベースカーブの値が大きいとカーブは緩やかになり、小さいと
カーブがきつくなります。目のカーブに合わず、実際より大きなカーブのレンズを
装着しているとズレやすくなり、小さなカーブのレンズだと圧迫感を覚えたりします。
もちろん、人それぞれサイズが違うといっても、それほど大きな差はありません。
特に、元々柔らかいソフトコンタクトレンズの場合は、ベースカーブのサイズは
2,3種類しか用意されていません。しかし、ハードレンズの場合は、柔軟性が
無いので、ベースカーブのサイズが細分化されています。

先ほども述べました通り、このベースカーブのサイズがあっていないと、
コンタクトレンズ装着時にゴロゴロしたり、安定しづらかったりなどの違和感を
感じる事も有りますし、さらに視力の矯正がきちんとできない場合もあります。
左右の目でもベースカーブの値が異なる事も有ります。左右の視力は同じ位なのに、
レンズの度数が大きく異なる時には、実はベースカーブがあっていなかったという事も
あります。

また、各メーカーによっても誤差があったりします。レンズの素材や厚みなどが
異なることによって、フィット感が変わってきたりなど色々な差があります。
メーカーの異なるコンタクトレンズに変える場合には、同じPWR/BCでも
購入前に、眼科や販売店などで、装着した上でチェックを受けることを
お勧めします。合わないレンズを装着することによって、視力の低下につながる場合も
ありますし、目の疲れや肩こりなどにつながる場合もあります。
また、自分の目とレンズのベースカーブの値が大きいと、ずれやすくなったり、
外れやすくなったりもしますので、誤差は±0.2mm以内にとどめましょう。

どうでしょうか?
BCについて理解できれば、後は通販で安く買うだけですね!
コンタクトレンズ処方箋不要で探してみましょう!
大体のメーカーは揃っているので、ノーブランドのコンタクトを使っていない限りはココで良い物見つかるはずです。
というか、ノーブランドのコンタクトレンズってやばいからやめましょう^^;