プリティーグリーンのモッズコートおすすめ情報!

prettygreen

プリティーグリーンのモッズコートおすすめ情報!


 プリティーグリーン公式通販
 プリティーグリーン20%割引キャンペーン実施中!

今、町中を歩いていると、男女ともにモッズコートを着ている人が多いですね。

アーティストだとSEIKAI NO OWARIもファー付きのモッズコートを愛用していました。

もう少し年齢が上になると、数々のスピンオフ作品を生み、映画化もされた人気ドラマ『踊る大捜査線』の主人公、青島を連想する人が多いですね。

モッズコートを身にまとった織田裕二さんと言えば、もう踊る大捜査線以外考えられません。

そのため、モッズコートという名称よりも「青島コート」という名称の方が通じやすくなっています。モッズコートには「モッズパーカー」「ミリタリーコート」「フィッシュテールパーカー」などいろいろな呼び名があります。

モッズコートがもともとどういうものなのかと言うと、1950年代に米軍に配給されたフード付きのミリタリージャケットがもとになっています。

軍用ということで、高機能です。もともと寒冷地での任務を想定して作られているので、薄手の生地ながら雪が吹きすさぶ極寒地でも活動できるように作られた防寒具でした。

今売られているモッズコートは値段によって様々で、5,000円ぐらいで薄いペラペラした作りのものが売られているかと思えば、本当に着やすく高機能なものも売られています。

モッズコートはいろいろなブランドから出ていますが、モッズコートらしいモッズコートと言えば、やっぱり元オアシスのリアム・ギャラガー(Liam Gallagher)がプロデュースした「プリティーグリーン(Pretty Green)」の商品がしっくりきますね。

モッズという名前は、イギリスのモッズスタイルで、好んでこのコートが着用されたからです。米軍の装備ながら、大量に在庫が余ってしまい、それがイギリスに流れて若者のファッションに取り入れられるようになりました。

イギリスのファッションを語る上で、モッズは切り離せない文化です。

リアムも出身国のイギリスらしさを自身のブランドに追求したとき、そうした母国の文化の原点に立ち戻る必要がありました。

ちょうどブランドを立ち上げる少し前にも、リアムは自身のライブでモッズコートを愛用していましたね。

プリティーグリーンのモッズコートは色も形も複数あって、いろいろ選べます。素材はアウトドア用のしっかりしたものが使用されており、使いやすさもセンスも抜群。

男性用のモッズコートなら、プリティーグリーンを必ずチェックしましょう!

 プリティーグリーン公式通販
 プリティーグリーン20%割引キャンペーン実施中!

Sponsor