日田天領水のウォーターエナジーレンタルサーバーキャンペーン!

日田天領水飲むならウォーターエナジーレンタルサーバー

日田天領水は大分県日田市で作られている飲料水です。
飲料水ブランドとしては有名なので、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか!?

もともとは深井戸の水で、現地のウナギの養殖に使われていました。

このウナギの育ちがよかったことから、この水はいい水だと評判を呼び、ついには飲料水として商品化されることになりました。

そんな日田天領水専用ウォーターサーバー「ウォーターエナジー」がキャンペーン中です!

▼無料レンタルキャンペーン!▼
ウォーターエナジー
 ウォーターエナジー

全国的に知られるようになったのは、2000年頃にテレビで取り上げられたことがきっかけです。

今でこそ食に対する安全意識が高まって、水にこだわりを持つ人も少なくなくなりましたが、日田天領水はもともと、まだまだ市場が小さな頃から販売されていた、水にこだわりを持つ人向けの付加価値のある飲料水の草分け的存在でした。

当時からもう何年も愛飲しているという人も少なくありません。歴史があるブランドだからこそ、安心して飲めるというのもありますね。日本人の口に合う軟水ですし、弱アルカリ性なので身体にもいいことで知られています。

「ウォーターエナジー」は、この日田天領水向けに開発されたレンタルサーバーです。レンタルサーバーと言っても、日田天領水のもともとのパッケージからすると、非常に使いやすくシンプルな構造になっています。

日田天領水はビニールに入っていて、それがキューブ状の段ボールに詰められています。ビニールにはあらかじめ水を出せるコックがついているので、サーバーの吸水口を使う必要がありません。段ボールにあらかじめ入っているミシン目に沿って破れば、中からコックが出てくる設計です。

だから、サーバーの吸水口が汚れて衛生面の問題が出ることもありませんし、使う時はウォーターエナジーレンタルサーバーの上に、水が入った段ボールを乗せるだけで済みます。

日田天領水はなかなか重たいのですが、サーバーに乗せるだけならあまり苦労はありません。

サーバーの箱を載せる台の中央部は金属で小高い丘のように膨らんでおり、その部分と噛み合う段ボールの部分に穴を空けて、中の水が入ったビニールとその金属部が直接触れるようにします。そうして中身を冷却するというシンプルな仕組みです。

この際空ける穴も段ボールにあらかじめミシン目が入っているので特に設置に苦労することはないでしょう。最後に箱の上からケースを被せるだけで、いつでも冷えた日田天領水が飲めるようになります。

冷えた水だけでなく、温かいお湯も出てほしいと思う人は、このウォーターエナジーのレンタルサーバーの機能ではないのですが、便利な電気ケトルがついてくるキャンペーンもあります。

ウォーターエナジーのウォーターサーバーは省エネで、電気代があまりかからないのがいいところ。お湯を出す機能を削った結果でもあります。

あまりお湯は使わないという人にはなかなかいいキャンペーンです。これからの暑い季節、ウォーターエナジーのサーバーは大活躍することでしょう。

▼無料レンタルキャンペーン!▼
ウォーターエナジー