水素水の効果を比較するなら濃度をチェック!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

水素は無色透明で無味無臭なので、目で見たり味見をしても水素水にどれくらいの水素が含まれているのかを知ることができません。

水に含まれる水素濃度を精密に測定しようとすると高価な測定機材が必要になりますが、0.1ppm単位で調べるだけであれば試薬を滴下するタイプの測定キットが2千円~4千円程度で一般向けに市販されているので、誰でも手軽に溶存する水素の量を測定することができます。

市販の水素濃度測定用の試薬にはメチレンブルーという薬品が使用されていて、水素水と比較用の水道水に滴下して色の変化を観察します。

ちなみにメチレンブルーはシリカゲルの乾燥剤にも含まれている水色の色素で安全です。

水に水素が含まれていなければ試薬の色に変化がなく水は青いままですが、水素が含まれていると試薬の色が青色から透明に変化します。

試薬の滴下量によってどれくらいの水素が含まれているのかを知ることができます。

一般的に市販されている水素水や水素サーバーなどで生成した水を飲用に利用するのであれば、賞味期限内に水素溶存量が1ppm以上であれば効果があります。

一方、水素風呂用の入浴剤や浴槽に沈めるタイプの水素発生器を使用した場合には0.1ppm~0.2ppm以上水素が含まれていれば効果があるとされています。

水素風呂は飲用の水素水よりも1桁程度濃度が低いですが、入浴する際には大量のお湯で全身から水素を吸収することができるので効果があるのです。

市販または水素サーバーで生成した水素水を飲む場合や入浴や洗顔などで水素水を利用する場合には、どれくらいの水素が含まれているのか調べてみることができます。

検査キットを利用して、複数の水素水や入浴剤を購入して濃度を比較してみることで、効果が高い製品を選ぶことができます。

水素水サーバーや水素風呂用の水素発生器も、お試し用としてレンタルできるのであれば、実際に使用して検査キットを使って水に含まれる水素の量を比較してみることができます。

ですが、わざわざ測定キットを購入してまで自分で調べるのも面倒ですよね(笑)

もし、水素水の選び方が分からなければ、水素濃度の高い水素水を選べば大丈夫です!

まとめ

・水素濃度は自分でも測定可能。
・水素濃度に比例して効果も現れる。
・迷ったら高濃度水素水を選べば大丈夫。

水素水の効果を比較するなら濃度で見るべきです。

水素濃度が高いほど活性酸素を分解する効果が高いと言えるでしょう。

また、水素濃度が高くても人体への悪い影響はありませんので、安心して濃度の高い水素水を選んでください。

→オススメの水素水はコチラ

Sponsor